+ マイリスト

海外事業成功のコツ

海外事業成功のコツ
不確実性の高い海外市場において、現地の主体性を重視しつつも本社との考え方や運営の一体化はどのようにして得られるのでしょうか。
仕組み化を通じて知識とリスクを管理し、現地のブラックボックス化を防ぐ方法について、グローバル展開で成功しているキーエンス式のメゾットを交えて解説します。


【講師プロフィール】
藤田 孝(ふじた たかし)

元 キーエンス海外事業部 事業部長
株式会社キーエンス 海外事業部長として、海外事業をゼロから立ち上げ、19現地法人・150海外拠点を管轄指導、
100名を超える駐在員を選抜・育成指導した実績を持ち、現在はその経験を元に、経営全般、組織運営強化、海外進出など、多様な企業支援を行っている。


【コース構成】
EP1:海外事業展開において何をすべきか
・キーエンスとはどんな会社か?
・海外進出の系譜
・本講義の全体構成

EP2:不安定と予期せぬ事態への対応
・海外は“不確実”な環境である
・OODAループを活用し、環境に適応せよ
・意思決定のための判断基準を醸成する

EP3:現地運営のブラックボックス化
・事業計画には“リスク管理”も盛り込む
・現地のブラックボックス化を防止する
・弁護士・会計士に相談する際の注意点

EP4:海外に通用する成功の形とN倍化
・“成功の分身”を海外に作れ
・“成功のN倍化”-アメリカ編-
・“成功のN倍化”-ヨーロッパ編-
・“成功のN倍化”-アジア編-

EP5:現地社員の採用・育成とマネジメント
・ビジョンを“言語化”せよ
・人材採用と育成の注意点
・現地マネージャー育成の手法

EP6:駐在員の役割と仕組み化
・現地社員は“辞める”
・社員が辞めても成長できる仕組みを作る
・駐在員に求められる素養

EP7:持続成長へ向けて本社のグローバル化
・かつてのキーエンスの海外事業運営
・いかに“本社”を改革したか?
・“本社の改革”なくして海外進出は成長しない

 

関連動画